MENU

銀行からお金を借りるときの基礎知識

銀行からお金を借りるうえで避けて通れないのが審査になります。借りる金額の大小にかかわらず、この審査に通らなければお金を借りることが出来なくなり、事業やものを購入することが出来なくなってしまいます。

 

銀行はどのような観点から審査を行っているのでしょうか。逆に自分が誰かにお金を貸すことになった場合、どのようにして相手を信用するかを考えてみれば分かると思います。

 

まずお金を貸した相手が、返す能力があるかどうか。そして、何にお金を使うかの2点です。誰も収入がなく遊ぶ金欲しさだけにお金を貸す人はいないのと同じです。
銀行の融資審査も同じで、いくら資産を持っていても、偉い人の保証人を立てても、赤字経営で業績が伸び悩んでいるところや、ゴルフ会員権や保養所など会社収益に関係ないことにお金を使うなどとこのような場合は、審査はNGとなることが多いです。

 

個人にお金を解場合も同様で、住宅ローンやマイカーローン、教育ローンと目的が決められており、必ず一定の収入がないと審査は通りません。

 

銀行でのお金を借りた場合の審査手順を見てみましょう。例えば、お店を改築するために2000万円の融資を申し込んだとします。

 

銀行は、2,000万円のお金を貸せるかどうかは最後に診断し、まず融資の取引するうえでふさわしい相手かどうか必ず確認します。反社会勢力など銀行との取引相手として著しく信用を失うような相手とは取引は行いません。

 

次に、融資相手の業績や売上、純利益、個人であれば収入、そして返済能力を審査します。ここで、他銀行からも多額の融資を受けていたり、返済が滞るような事態であれば審査はNGとなってしまいます。

 

そして、最後に銀行として2,000万円のお金を貸し出せるか審議して、OKなら晴れて2,000万円の融資を受けることができます。