銀行からお金を借りるときの基礎知識

MENU

銀行からお金を借りるときの資金使途

銀行から借りたお金の使う方法が、あらかじめ決められており目的外には利用手席内容になっています。

 

企業や個人事業主であれば、運転資金、設備資金、納税資金、賞与資金になり、個人であれば不動産資金も教育資金、マイカー資金、冠婚葬祭資金などと決められています。

 

ただし、個人融資でカードローンやフリーローンのように使途が定められていない商品もありますが、これらは少額の融資にすぎません。

 

このように、企業や個人事業主の融資であれば、業績・利益の向上につながる使途しか認められないことになります。

 

また、個人においても株や先物取引、ばくちなど元金すら保証されないものにもお金を貸してくれません。

 

そして、融資を受けるとその経過を報告することになっており、もし、融資契約と違う目的で使われていたことが神明すると、一括で返済を要求されたり、次の融資などの取引は受けられなくなってしまいます。

 

このことは、個人の融資も同様で、住宅ローンで不動産の転売を目的としたり、教育ローンで、実際には私立学校でなく公立学校に行かせて生活費や娯楽に使っていることが判明すれば、一括で返済を要求されることになります。

 

また、カードローンなどの審査も通らなくなってしまいますのでくれぐれも銀行融資の流用はしないようにしなくてはなりません。

 

よく個人事業主の間で聞く言葉に運転資金がありますが、どういうことかと言いますと、仕事をするうえで材利用を仕入れないといけないがお金がない、作ったものが売れているが手元にお金がないなど企業やお店を経営するうえで、ものとお金の流れが微妙に異なるとから資金が不足してしまう現象になります。

 

これを当座の運転資金として、銀行からお金を借りて材料を購入したり、従業員の給与に充てることになります。

 

おすすめの銀行カードローン
  銀行名 特徴 申し込みサイト
みずほ銀行 利便性など総合的にNo.1! ≫みずほ銀行の申し込み
住信SBIネット銀行 圧倒的な超低金利設定! ≫住信SBIネット銀行の申し込み
オリックス銀行 来店・口座開設不要! ≫オリックス銀行の申し込み
スルガ銀行リクルート支店 リクルートIDをお持ちの方にお勧め! スルガ銀行リクルート支店の申し込み
横浜銀行 月々の返済が2,000円から! ≫横浜銀行の申し込み
新生銀行カードローン レイク 2つの無利息期間が選べる! 新生銀行カードローン レイクの申し込み
千葉銀行 最大2か月分利息実質0円! ≫千葉銀行の申し込み

 

すぐにお金が必要な場合

今日中にお金が必要など急ぎの時は、プロミスやアコムのカードローンに申込みするといいです。
審査時間も早く、最短だと申込から1時間ほどで借入する事も可能です。土日祝日も対応しています。
また、プロミスは女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方にもおすすめですよ。

  銀行名 特徴 申し込みサイト
プロミス 最短即日融資が可能 ≫プロミスの申し込み

≫女性の方はこちら

アコム 最短30分のスピード審査 ≫アコムの申し込み
モビット 10秒で簡易審査結果表示 モビットの申し込み
銀行口座に振込

平日14時までに、申込して契約が完了していれば、その日のうちにお持ちの銀行口座にお金を振込してもらう事が出来ます。

 

自動契約機でカード発行

14時以降の契約の場合は、銀行の振込時間に間に合わないので、即日中の銀行振込は出来ません。ただ、アコム・プロミス・モビットは自動契約機があるので、審査完了後に自動契約機に行く事で、ローンカードを発行する事が可能となっています。
ローンカードが発行できれば、コンビニATMなどでいつでもお金を借りる事が可能となっています。遅い所であれば、22時まで自動契約機を利用する事が出来ますよ。

 

土日祝日でもカード発行可能

土日祝日の場合は、銀行は閉まっているので口座へ振込してもらう事が難しくなります。この場合は、審査完了後に自動契約機に行けば、ローンカードを発行してもらえます。
土日祝日でも、遅いところだと22時まで自動契約機の利用が出来、カード発行する事が可能となっています。