個人が銀行からお金を借りる

MENU

住宅ローン

住宅ローンと言うと、昔は住宅金融公庫からお金を借りることが当たり前でした。

 

住宅金融公庫は、昭和25年に一般庶民向けに住宅の購入や改築のための長期かつ固定金利、低金利で直接融資を行っていましたが、住宅事情や国民の収入の変化、民間によるサービス競争を目的に平成19年に住宅金融公庫は廃止され、民間金融機関と提携した形で住宅金融支援機構に引き継がれました。

 

現在の住宅金融支援機構の住宅ローンは、フラッ35と言うサービス名で、15年以上35年以下の固定金利の住宅ローンを扱っています。特徴としては、金利や融資額は各民間の金融機関が決めると言うもので、取り扱う金融機関によってサービス内容は異なっています。

 

現在は、金融緩和政策により銀行などの民間金融機関が扱う住宅ローンが主流となっています。

 

民間金融機関の住宅ローンは、変動金利型と固定金利選択型から選択することが多いですが、固定金利と言っても段階的に金利が変わるものもあるので、どちらが得かよく説明を聞いてから選びましょう。

 

また、男女雇用均等法を受けて育児休業付きのサービスや退職金で一括返済するサービスなど民間金融機関の特色を生かした色々なサービスが展開されています。

 

また、住宅金融公庫の時代は、建築工法などが審査の対象とされていましたが、銀行を含めた民間金融機関の住宅ローンは、収入や勤続年数が審査の対象となっています。

 

公的な住宅ローンとしては、各自治体が直接融資するものと、住宅金融支援機構や雇用・能力開発機構が、取り扱う財形融資がありますが、こちらはサラリーマンのみが利用できる仕組みになっています。

 

おすすめの銀行カードローン
  銀行名 特徴 申し込みサイト
みずほ銀行 利便性など総合的にNo.1! ≫みずほ銀行の申し込み
住信SBIネット銀行 圧倒的な超低金利設定! ≫住信SBIネット銀行の申し込み
オリックス銀行 来店・口座開設不要! ≫オリックス銀行の申し込み
スルガ銀行リクルート支店 リクルートIDをお持ちの方にお勧め! スルガ銀行リクルート支店の申し込み
横浜銀行 月々の返済が2,000円から! ≫横浜銀行の申し込み
新生銀行カードローン レイク 2つの無利息期間が選べる! 新生銀行カードローン レイクの申し込み
千葉銀行 最大2か月分利息実質0円! ≫千葉銀行の申し込み

 

すぐにお金が必要な場合

今日中にお金が必要など急ぎの時は、プロミスやアコムのカードローンに申込みするといいです。
審査時間も早く、最短だと申込から1時間ほどで借入する事も可能です。土日祝日も対応しています。
また、プロミスは女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方にもおすすめですよ。

  銀行名 特徴 申し込みサイト
プロミス 最短即日融資が可能 ≫プロミスの申し込み

≫女性の方はこちら

アコム 最短30分のスピード審査 ≫アコムの申し込み
モビット 10秒で簡易審査結果表示 モビットの申し込み
銀行口座に振込

平日14時までに、申込して契約が完了していれば、その日のうちにお持ちの銀行口座にお金を振込してもらう事が出来ます。

 

自動契約機でカード発行

14時以降の契約の場合は、銀行の振込時間に間に合わないので、即日中の銀行振込は出来ません。ただ、アコム・プロミス・モビットは自動契約機があるので、審査完了後に自動契約機に行く事で、ローンカードを発行する事が可能となっています。
ローンカードが発行できれば、コンビニATMなどでいつでもお金を借りる事が可能となっています。遅い所であれば、22時まで自動契約機を利用する事が出来ますよ。

 

土日祝日でもカード発行可能

土日祝日の場合は、銀行は閉まっているので口座へ振込してもらう事が難しくなります。この場合は、審査完了後に自動契約機に行けば、ローンカードを発行してもらえます。
土日祝日でも、遅いところだと22時まで自動契約機の利用が出来、カード発行する事が可能となっています。